双和プラスチックス工業株式会社真空成形/真空成型なら静岡の双和プラスチックス工業株式会社へ

プラスチックスとは

解決事例3.ベルトトレー

双和プラスチックス工業株式会社 ホーム > 真空成形による解決事例 > 解決事例3.ベルトトレー

ベルトトレー

自動車部品メーカー様からのご依頼

従来の機械加工品でがコスト高であるため、プラスティックの成型品を検討したいとのご依頼を頂く。コスト削減に加え、以下の要望にあった製品開発のご要望を頂く。

双和プラスチックス工業の解決

従来品従来品

コスト削減・軽量化の解決

従来のナイロン樹脂からG-PET 2.0㎜に変更する事により大幅な軽量化と材料費削減を実現。重量比較:従来品1,200g 改良品:290g。

耐荷重の解決

トレーワーク保護の解決

外周の立ち上り面の内側で下のトレーを確実にガイドする為、横ずれ防止が強固になった。
(A部)

耐荷重の解決 トレーを重ね合わせた時、4ヶ所のL字型の受け部分(C部)が下のトレーの取付板(D部)に安定よく載る事により上下の荷重え耐え製品を保護。
G-PETの板材とトレーの接合を強固する為にアルミリベットを使用。(B部)

ご依頼主様の声
重量は4分の1に軽減、製品単価は約6分の1となった事を評価を頂きました。
※型費等イニシャルコストを換算すると、今回ご依頼の場合、ロットが50ヶ以下であれば機械加工品がコスト安と思われます。

このページの先頭へ