双和プラスチックス工業株式会社真空成形/真空成型なら静岡の双和プラスチックス工業株式会社へ

プラスチックスとは

新着情報

双和プラスチックス工業株式会社 ホーム > 新着情報

新着情報

医療メディカル、バイオ用トレー、容器の加工・試作を数多く承っております。

2018, Apr 23

PP(ポリプロピレン)シートをはじめ、PET(ポリエチレンテレフタレート)シート、PS(ポリエチレン)シートを使用し、お客様の使用用途から適材な材料をご提案させていただきます。
LDPE(低密度ポリエチレン)等の軟質材料もご案内しております。
帯電防止や導電性などの特別タイプのご依頼についても別途ご相談に応じます。

詳しくはこちら

最新型 3Dスキャナ型 非接触三次元測定機を導入

2018, Mar 26

2018年3月に、キーエンス社の最新型 3Dスキャナ 非接触 三次元測定機(VL-300)を導入致しました。 これまでノギス等では困難だった複雑な立体形状の測定が、実現可能となりました。
非接触測定ですので、薄物や柔らかい素材の真空成形品にも対応可能です。
また、トレー・キャップ等の成形品を切断することなく、断面形状の確認が可能です。測定データは、リバースエンジニアリングにも活用可能です。

メーカー キーエンス
型式 VL-300シリーズ
台数 1台

品質マネジメントシステムISO9001-2015年版への移行認証を取得しました。

2017, Dec 26

詳しくはこちら

採用情報を更新しました。

2015, Oct 31

詳細はこちら

真空成形による熱可塑CFRP(炭素繊維強化樹脂)について

2014, Feb 05

本製品の材料は炭素繊維とナイロン6樹脂から成る熱可塑性CFRP(炭素繊維強化樹脂)の押出素材開発品(TI-AC)である。

高強度 繊維長0.3㎜~0.4mmの炭素繊維を含有しており、ガラス(グラスファイバー)入りの熱可塑性樹脂に比べて1.5倍~2倍の引張強度、曲げ強度を有する。またナイロン6単体と比較すると引張、曲げ強度を有する。
軽量性 比重1.1のナイロン6と比重1.8の炭素繊維(20%含有)からなり比重1.22となるが金属対比では1/6と非常に軽量である。

クリーンブースについて

2014, Mar 31

2014年3月に完成したクリーンブースは、プレス機と検査台の清浄度管理のために制作されました。
主に、食品容器や医療機器向け製品の製造において、微小粒子量の管理をすることで、製品品質の向上を目的としております。
清浄度を管理する工程は、トリミング工程・検査工程・梱包工程となります。
設備能力は、FED-STD クラス10000を目標としており、微小粒子管理においてクラス10000を達成しております。

クリーンブース面積 約15.5m2
主要設備 クリーンユニット3台
イオナイオザー4台
パーティクルセンサー1台
微差圧センサー1台
静電気センサー1台

このページの先頭へ