双和プラスチックス工業株式会社真空成形/真空成型なら静岡の双和プラスチックス工業株式会社へ

プラスチックスとは

双和の真空成形法

双和プラスチックス工業株式会社 ホーム > 双和の真空成形技術 > 双和の真空成形法

双和の真空成形法

ストレート成形法ドレープ成形法プラグ・アシスト成形法

射出成形とシート成形の比較

項目 シート成形 射出成形
成形品の肉厚 極めて薄いものが可能 シート成形ほど薄肉にならない
成形品の肉厚の変動 大きく延ばされるところほど薄くなる 均一な肉厚ができる
成形品の精度 射出成形ほどの精度は出ない 精度が良い
成形品の強度 肉厚の薄いところが弱い 均一な肉厚だから強く、補強リブもつけやすい
成形品の外観 細かいデザインができにくい 多様なデザインができる
成形品の重量 軽い シート成形品よりは重い
フィラー入り樹脂 可能 可能
多層ラミネート成形 可能 不可能
孔加工 二次加工となる 同時成形
スクラップ 多くのスクラップが出る ホットランナを使用すればゼロに近い
金型 射出成形に比べ安価であり、納期が短い 高価で納期が長い
デザイン変更 容易 困難
設備費 ほとんど同一 ほとんど同一
床面積 広いスペースが必要 シート成形に比べ少なくてすむ

このページの先頭へ